【わきが対策マニュアル】強力で効果の高い方法を知りたい方はこちら!

【わきが対策マニュアル】強力で効果の高い方法を知りたい方はこちら!

「わきが臭を何とかしたい!」と、色んな対策をしてきたけど、どの方法もイマイチ効果を感じない‥そんな方も多いのではないでしょうか。

ですが、わきが対策は日々進化を遂げ、まだまだ知られていない対策法がたくさんあるのです。

この記事では様々あるわきがの対策法や、効果的なわきがケア商品の選び方、またわきが対策にまつわるQ&Aなどを紹介していきます。

わきが対策の主な方法は3つ!おすすめはどれ?

わきが対策は大きなくくりでわけると、次の3つの方法に分かれます。

  • 生活の中で取り入れられる対策
  • 医療機関などを利用する対策
  • わきがケア専用商品を使った対策

それぞれの方法のメリットをひとつずつ解説していきます。

生活の中で取り入れられる対策

まずは日常生活の中で取り入れられるわきが対策の方法をご紹介します。

いずれも簡単なものばかりなので、今日からすぐに始めることができる手軽さがメリットになります。

お風呂でカラダを清潔にする

わきが対策の基本中の基本として、脇を衛生的に保つ必要があります。

わきが臭の原因となる脇汗や皮脂などをしっかり洗い流して清潔にしましょう。

またシャワーで流すだけでなく、湯船に浸かって行うスペシャルケアもおすすめです。

■重曹風呂を使う方法

弱アルカリ性の重曹には、体臭などを中和消臭する作用があるので、わきがを始めとした体臭が気になる人に効果的。

お湯200リットルに対して、重曹を大さじ3杯入れるだけなのでとても簡単に行うことができます。

■酢風呂を使う方法

酢に含まれるクエン酸は、疲労回復だけでなく殺菌効果もあるのでわきがの原因である雑菌の増殖や活動を抑えることができます。

お湯200リットルに対して、酢を200ミリリットルほど入れるだけなので気軽に行うことができます。

ミョウバン水スプレーを利用する

ミョウバンは根菜や芋類などのアク抜きや、ナスの漬物で色落ちを防止するために使われてきた添加物。抗菌・殺菌作用や消臭・制汗効果があるので、わきが対策にも優れた効果を期待できます。

但し、ミョウバンのままではわきが対策には使えないので、ミョウバン水にして使うようにしましょう。

■ミョウバン水の作り方

水500ミリリットルに対し、焼きミョウバン16グラムを加え、冷蔵庫で3日ほど保管すれば完成です。

原液を10倍ほどに薄め、スプレータイプのボトルに入れて使用してくださいね。

食事内容を見直す

わきがをより強くする食べ物もあるので、食事内容にも注意が必要です。

特にアポクリン汗腺を刺激する以下の食べ物を控えることで、わきがのニオイを軽減することができます。

控えたほうが良い食べ物

  • 肉類
  • 乳製品
  • 油分の多い食事

これらはアポクリン汗腺の働きを活発化させてしまい汗の量を増やしてしまうため、わきがを強くする可能性が高いです。しかし、全く摂取しないとなると健康面で悪影響を与えてしまうため適度に制限することが大切です。

反対にわきがを抑える働きをする食べ物を積極的に摂ることで、より高い効果を得ることができます。

わきが臭を抑える食べ物

  • 梅干し、めかぶなどのアルカリ性食品
  • 緑茶

肉などの酸性の食べ物を中和するために、アルカリ性の食事を取り入れることでわきがのニオイを抑えることができます。

特に梅干しは抗菌力に優れているので、血液を弱酸性に保ってくれます。

また緑茶には抗酸化作用がある、摂取がしやすい利点があるためおすすめです。

汗をかいたらすぐに着替える

汗をかいた衣服をそのまま着用することは避けましょう。

汗そのものを拭いたとしても、衣服についた汗は洗わない限り落ちません。

そのまま着用すると、汗で湿った衣服の中でも雑菌が繁殖し、嫌な臭いをさらに拡大してしまいます。

通気性のよい服装にする

通気性の悪い服装をしていると、汗をかいても湿度が外に逃げれずこもってしまい、雑菌や細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

そうなるとわきがもより強く出てしまうので、通気性のよい素材の服装を心がけるようにしましょう。

通気性のよい素材

  • 綿(コットン)
脇毛を処理する

常在している細菌が脇毛の中で繁殖し、活発に活動してわきがの臭いを強くする原因になってしまいます。

特に秋冬は露出が少ないこともあり、脇のムダ毛処理が甘くなる時期。

脇毛のせいで蒸れて細菌が繁殖する環境を絶つためにも、脇毛の処理は年中行うようにしましょう。

医療機関などを利用した対策

手軽さには欠けますが、医療機関などで診断・治療する、わきが対策は豊富にあります。

専門知識のある第三者に診てもらえる点で安心して行えるメリットや確実に一定の効果を得ることのできるメリットがあります。

医療機関でどのような治療を受けることができるか詳しくみていきましょう。

内服薬や注射による治療

内服薬や注射などで行うわきがの治療法は、汗の量をコントロールすることで臭いを予防する対策になります。

副作用を伴うものが多いので、医師からの指示や使用方法をよく守ることも大切です。

■内服薬(臭化プロバンテリン)

抗コリン剤である臭化プロバンテリンは、汗を出す時に使われる伝達物質のアセチルコリンの分泌を抑える効果があります。

汗を出にくくする効果からわきが臭を予防することに長けています。

■湿布(塩化アルミニウム液)

制汗収れん効果のある塩化アルミニウムを外用薬として湿布することで汗を抑えることができます。

こちらも汗を抑える効果でわきがを予防してくれます。

■ボトックス注射

美容整形でよく使われるボトックス注射をわきがに使うこともあります。

注射することでアポクリン汗腺を麻痺させ、汗と臭いを抑える効果からわきがを予防してます。

手術による治療

わきが手術は何種類かありますが、基本的にはアポクリン汗腺を除去することでニオイの原因を取り去る手術が一般的です。

美容外科や形成外科、皮膚科などでもわきがの手術を行うことができます。

■電気凝固法

脇の下に局所麻酔をした後、毛根へ絶縁針を刺し5秒ほど高周波を流すことで、アポクリン汗腺やエクリン腺などを熱破壊する方法です。

汗の量が減少することでわきがは軽減されますが、わきがの程度が重度の場合、完全に臭いをなくすことはできない可能性があります。

■直視下手術法・剪除法

脇の下を3~5cmほど切開し、皮膚を裏返してアポクリン汗腺を取り除きます。

わきがの原因であるアポクリン汗腺を、確実に除去することができます。

■非直視下手術法・皮下組織吸引法

脇の下に1cmほどの穴を開けて、そこに細い管を通してアポクリン汗腺やエクリン腺などを吸い取る方法になります。

傷口が小さいため、目立ちにくいのがメリットですが、直視下手術法のように確実にアポクリン汗腺を除去するわけではないので、わきがの症状が残る可能性もあります。

■超音波吸引治療法

脇の下に穴をあけて超音波を発生させながら、熱でアポクリン汗腺などを破壊し、吸引する方法です。

吸引法よりも効果は高くなりますが、火傷や皮膚壊死などのリスクも大きくなります。

■皮下組織削除法

脇の下を1cmほど切開し、専用器具で皮下組織ごと削ってアポクリン汗腺やエクリン腺を除去します。

傷口は小さく効果も高いですが、手術後の回復には脇を1週間ほど固定する必要があるのがデメリットです。

脱毛サロンや医療脱毛

本来、脱毛といえばムダ毛をなくすために行うものですが、脱毛をすることでわきがのニオイを軽減する副次的な効果を得ることができます。

これは毛根を破壊するために射出する光がアポクリン汗腺の機能を弱める働きをするためです。

また、脇毛がなくなることで毛に絡み常在していた細菌の繁殖や活動が弱体化することもでき、わきが予防につながる要因になります。

カミソリなどの自己処理によってワキのアポクリン汗腺を刺激脱毛で毛が生えてこなくなれば、その心配もなくなります。

わきがケアの専用商品を使った対策

わきが対策の中でももっとも現実的で一番おすすめの対策法が、わきがケア専用の商品を使った対策です。

わきがに特化して開発されている商品のため、高い効果を得ることができる、即効性に優れている、手術などに比べコストが安いなどのメリットがあります。

ワキガケアの専用アイテムと言ってもクリームやスプレーなど多種多様のアイテムがありますので、それぞれのメリットやデメリットをご紹介します。

クリーム

わきがクリームは肌への密着力が強いため、汗をかいても落ちにくいのが特徴です。

自ら量を調整して塗ることができるので、塗り残しが発生することもほとんどなく、長時間効果が続くので、何度も塗り直さなくてもいいのが良い点と言えますね。

またクリームなので保湿効果が備わったタイプが多く、わきが対策だけでなく脇の黒ずみを予防し、ワキをキレイに保つケアも同時に行うことができます。

クリームタイプのメリット

  • 汗に強いので落ちにくい
  • 長時間効果が続く
  • 即効性がある
  • 肌への負担が少ないので、肌トラブルの心配はなし
  • いつでも手軽に使える

クリームタイプのデメリット

  • 制汗剤などよりは単価が高い
  • ドラッグストアなどの身近なお店では入手しにくい
制汗剤

体臭や汗の臭いを防いでくれる制汗剤は、スプレータイプやロールオンタイプなど豊富なラインナップがあります。

コンビニやドラッグストアなど、身近なお店ですぐに手に入り、お手頃価格で試せる点も魅力でしょう。

制汗剤のメリット

  • 手軽に手に入る
  • スッとした使用感が気持ちいい
  • 汗の消臭効果はある程度ある

制汗剤のデメリット

  • 1日に何度も使用する必要があるので、結局コスパは悪い
  • 音がするので周囲に使用していることがバレる(スプレータイプ)
  • わきがの臭いを消すことは難しい
汗拭きシート

汗を拭き取って臭いの元を断つ、汗の不快感を取り除くことができるのが、汗拭きシートです。

汗拭きシートもお手頃価格で手に入ることや、持ち運び用サイズのものもあるので、出先でもササッと使えるのが便利ですね。

汗拭きシートのメリット

  • 手軽に手に入る
  • 汗の不快感を取り除ける
  • 持ち運びが便利でいつでも使える

汗拭きシートのデメリット

  • 臭いの元は取り除けるが、臭いそのものを消す効果は期待できない
わき汗パッド

わき汗をかくことで、服に汗染みができてしまうのを防ぐ役割をするのがわき汗パッドです。

服に貼り付けるタイプのものから、脇に直接貼り付けるタイプなどがあります。

最近では消臭、抗菌効果付きのわき汗パッドも発売されています。

わき汗パッドのメリット

  • 服に汗が付着するのを防ぐ
  • 消臭、抗菌効果付きのものであれば、多少の臭いはカバーできる

わき汗パッドのデメリット

  • わきがの消臭効果は期待できない
  • 脇に直接貼るタイプは、肌トラブルを起こす人もいる
  • こまめに替えないと、細菌が繁殖する
体臭石鹸(ボディーソープ)

デオドラント効果のある石鹸、ボディーソープは、一般的なものよりも殺菌や消臭効果に優れています。

体臭石鹸のメリット

  • 毎日のお風呂で使える
  • 体臭には効果的

体臭石鹸のデメリット

  • 消臭の持続力が短い
  • わきがの臭いには効果が薄い

わきがクリームを使うのが、もっとも現実的なわきが対策!

生活の中で取り入れるわきが対策は、手軽な方法が多いものの、時間がかかってしまうものや手間の割に効果が薄い方法もあるため現実的な解決策にはなりづらい一面があります。

また医療機関などを利用したわきが対策は、効果こそ高いものの、お金や時間の面では簡単に踏み切れるものではありません。

わきがへの効果がしっかりあり、手軽に取り入れられる対策となると、やはりわきがケアの専用アイテムを使う方法がもっとも現実的な方法と言えます。

そしてわきがケア商品の中でも、コスパ・効力・手軽さなど総合的に判断するとワキガクリームが優秀なケアアイテムになります。

▼ わきがクリームに関する詳しい記事はこちら
【最新】わきがクリームのおすすめランキング!効く商品のみを厳選!

優れた効果のわきがクリームを選ぶポイントは?

制汗効果

わきがの原因は、アポクリン汗腺から出る汗と雑菌と交ざり繁殖することで発生します。

そのため汗を抑えることが、もっとも重要な対策になります。

制汗効果に優れたわきがクリームかどうか、しっかり確認するようにしましょう。

殺菌・抗菌効果

細菌や雑菌が繁殖し、活発に活動してしまうこともわきがの原因になるため、殺菌・抗菌効果が備わったものを選んでくださいね。

消臭力

わきがだけでなく、汗や皮脂の臭いも気になるところです。

様々な臭いに反応して中和し、消臭する効果があるものにしましょう。

持続力

1日に何度も塗り直す必要があるとなると、手間もかかり、コスパも悪くなってきます。

朝晩の2回だけ塗れば効果が続くといった、長時間効果の持続するタイプのものがおすすめです。

プラスアルファの効果

脇は、ムダ毛の自己処理などのダメージにより肌がボロボロな状態になってしまっていることも少なく

保湿・美容成分が含まれているわきがクリームを選ぶことで、ニオイだけでなくワキの肌をケアすることも可能になります。

間違った対策をすると悪化する可能性も!

間違ったわきが対策を行うと、対策直後は臭いが消えても、あとから臭いが出てしまったり、わきがが悪化してひどくなってしまう可能性もあります。

ここからは「やってはいけない間違ったわきが対策」を紹介していきます。

過剰な洗浄はNG!

わきがが気になるからと言って、臭いを消そうとゴシゴシ強く洗ったり、1日に何度もシャワーを浴びたりしていませんか?

清潔な状態を保つことは大切ですが、洗いすぎると肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまい肌の乾燥を呼び込む原因となってします。

肌の乾燥が起きると、過剰な皮脂を分泌させてしまうため、かえってわきがを悪化させる原因に繋がります。

刺激の強い脱毛処理をしてしまう

毛抜きや脱毛クリームを使った脱毛は、アポクリン汗腺を刺激しわきがを強くしてしまいます。

脇毛の処理はプロの脱毛で行うのがベストですが、難しい場合は電気シェーバーなどを使った、肌に負担をかけない方法で行うようにしましょう。

汗をかかないために水分補給を控える

汗を大量にかくことは、わきがを強く発生させる原因です。

このことから、汗をかかないために水分を控えるのが効果的と思われがちですが、これは誤りです。

水分は汗だけでなく、尿として排出もされます。そして余分な水分は汗でなく、尿となるため、わきがとは関係ないのです。

反対に水分を控えすぎると、汗の成分の濃度が上がり、臭いを強くさせる原因になります。

その他のわきが対策にまつわる気になる疑問を解消

女性が男性用のケアアイテムを使ってもいいの?

男性用のアイテムを使っても問題はありません。

男性用と女性用のアイテムの違いは、成分の配合です。

男性用のものは制汗、消臭効果がより強いものが多く、清涼感も優れています。

女性用のアイテムに満足できない人は、男性用のものでもよいでしょう。

しかし肌質によっては刺激が強い場合もあるので注意が必要です。

妊娠中も同じケア方法でもいいの?

妊娠中は母体と胎児に対する影響が強く出る時期なので、「清潔を保つ」「食事内容に気をつける」などの基本的な対策を重点的に行いましょう。

わきがクリームの併用は、かかりつけの医師に相談の上、使用すれば問題ありません。

子供のわきがはどうすればいいの?

子供のわきが対策も、基本的には大人と同じものになりますが、大人より肌が敏感なため、

わきがケア商品を選ぶときには、肌への負担が少ないものにしてください。

またメンタル面でのフォローも重要なので、しっかりフォローするようにしましょう。

わきがの臭いが服について取れない場合は?

普通の洗濯では落ちにくいのが、わきがの臭いです。

40℃ほどのお湯を使って洗濯機にかけ、酸素系漂白剤を使えば、服についた雑菌を除去し、わきが臭を解消することができますよ。

まとめ

わきが対策は自分でできる手軽なものから、手術などの本格的な治療まで、様々な方法があります。

しかし、わきがを早く何とかしたいからと言って、誤った対策を行うと逆に悪化させてしまうので、ここで紹介した正しい対策を行うことが大切です。

医療機関でのわきが治療ができれば、効果としては一番高くあらわれますが、費用や時間の面から考えると、中々厳しいもの。

となると「生活習慣を見直す」対策を行った上で、「わきがクリーム」を使ったケアを行うことが、もっとも現実的で効果も得られる方法と言えます。

しっかりとしたわきがクリームを選べば、制汗効果や殺菌、消臭効果に優れているだけでなく、効果の持続力も長いことが多いため、わきがを十分に抑えることができます。

今まで何を試しても効果がなかった人も、わきがクリームを使ったセルフケアでわきがの悩みを解消しましょう。

▼ わきがクリームに関する詳しい記事はこちら
【最新】わきがクリームのおすすめランキング!効く商品のみを厳選!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です