HOME > おすすめイベント一覧 > 神戸開港150年パネル展

平成29年1月1日に神戸は開港150年を迎え、1年間を通じて神戸開港150年をお祝いする事業を展開いたします。その始まりとなる平成29年1月1日を含む年末年始に、開港前から現在に至るまでの歴史を振り返り、それぞれの時代における神戸港の姿をご紹介するパネル展を開催いたします。

▲ 「神戸開港100年の歩み」より

概要

  • ■日時

    平成28年12月27日(火)〜平成29年1月3日(火)

    ※12月27日・28日・29日・30日、1月2日 : 午前10時〜午後8時
    12月31日 : 午前10時〜午後7時
    1月3日 : 午前10時〜午後6時

  • ■場所

    そごう神戸店 9階 催事会場(入場無料)

  • ■展示内容

    (1)開港前〜明治期の神戸開港
    ・明治初期の居留地海岸通り
    ・明治末期の三菱造船所浮ドックと創業当時の川崎造船所 等

    (2)大正時代〜戦前
    ・神戸開港50年記念地図
    ・日本郵船(株)三姉妹ポスター 等

    (3)戦後〜平成(震災前)
    ・フルコンテナ第1船「ハワイアン プランター」
    ・神戸大橋開通式 等

    (4)震災〜現在
    ・震災時のメリケンパーク東護岸臨時航路の様子(震災時〜復興の様子)
    ・近年のコンテナターミナルの様子 等

    (5)その他展示
    ・昭和30年〜40年代のそごう神戸店の様子
    ・青山大介氏が描いた港町神戸鳥瞰図2017 等

ページトップへ