HOME > おすすめイベント一覧 > 神戸市文書館企画展 神戸と難民たち

神戸開港150年記念企画展として、昭和15年〜16年杉原千畝氏が発給したビザにより迫害から逃れて日本に辿りつき神戸に滞在した多くのユダヤ人難民に関する市民からの情報や、大正9年革命により逃れたロシアの子ども達を救った陽明丸の航海と勝田銀次郎(大船主、後の神戸市長)、明治23年トルコ軍艦エルトゥールル号遭難事故と生存者の神戸での滞在記録など神戸における難民・遭難者支援の3つの史実を紹介します。

概要

  • ■日時
    2016年11月6日(日)〜19日(土) 10:00〜16:00
    開催期間中は土・日曜日もご覧いただけます。
  • ■入場
    無料
  • ■場所
    神戸市文書館(神戸市中央区熊内町1-8-21)
    (市バス)2系統又は18系統「熊内5丁目バス停」下車すぐ
    ※駐車場はありませんのでご来館は公共交通機関をご利用ください。
  • ■内容

    〇3つの出来事の紹介パネル

    〇兵庫県立美術館などの提供による神戸に滞在したユダヤ人の写真展

    〇神戸に滞在したユダヤ人に関する神戸新聞、朝日新聞の切り抜き

    〇杉原千畝ビザに救われたユダヤ人の手記

    〇日本・トルコ両国(神戸)の絆を題材とした紙芝居「神戸とトルコの物語」(神戸・トルコ友好協会制作)のDVDを制作・上映

  • ■主催
    神戸市文書館
  • ■後援
    NHK神戸放送局、神戸新聞社、朝日新聞神戸総局
  • ■協力
    神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター
  • ■お問い合わせ
    078-232-3437(神戸市文書館)
ページトップへ